仕事を楽しくしたい PR

長時間運転の疲れを解消する選択「ハグドライブ」

このブログはアフィリエイト広告を使用しており、記事にリンクを含みます。

長時間の運転やデスクワークでの腰痛に悩まされていませんか? 「ハグドライブ」クッションは特殊な流動ジェル(エクスジェル)を使用して体圧を均等に分散し、長時間座っても快適に過ごせる画期的な解決策です。

この記事では「ハグドライブ」の使用感や特徴について詳しく解説し、どのようにしてあなたの生活の質を向上させるかを紹介します。

「ハグドライブ」のエクスジェルとは?

エクスジェルは「ハグドライブクッション」シリーズで採用している特殊な流動ジェルの名称です。

このエクスジェルは柔軟性・弾力性・流動性を兼ね備え、体と椅子の間で圧力を効果的に分散します。

車からの振動や人間の姿勢変化を吸収し、長時間の運転や座り仕事における疲労感を軽減します。

一度使うと通常のスポンジやウレタンだけを採用したクッションとは特性が違うことが体感できるでしょう。

「ハグドライブ」が必要な理由

私は片道一時間の自動車通勤をしています。 一時間のドライブには渋滞路と流れの良い道路が半々くらいの道のりです。

車種は軽貨物をベースにしたエブリイワゴンで、シート自体は仕事にも使える機能性の高いものです。 しかしシートの調整幅が少なく万人向けではありません。

この車は中古車で購入していることもあり、シートのクッションも一部にウレタンの潰れが発生しているヘタったシートです。

そのため片道1時間の通勤でも疲労感がそこそこあります。

特にお尻や腰の疲労感は痛みこそありませんが、そのうち腰痛になりそうな感覚がありました。

すこしでも運転環境の改善を狙って探していた時に「ハグドライブ」のシートクッションを知りました。 特に惹かれた内容としては、エクスジェルの特性で体圧分散ができることで、車のヘタリが発生しているシートと相性が良さそうに思えました。

実際に口コミではお尻や腰がラクになったレビューがあり期待できます。

競合製品との比較

自動車用のシートクッションは多くの製品があります。

シートクッションは安価に販売されているのが一般的ですが、「ハグドライブ」は13,200円(税込)と他の製品に比べて高額です。

座面用の一番シンプルな製品でも一般的なシートクッションよりもかなり高めの価格設定なので購入を迷ってしまいます。

しかし採用されているエクスジェルという素材の性能は唯一無二であり、自動車メーカーのオプションカタログにも掲載されている製品ですから品質については間違いない製品と言えるでしょう。

購入にあたり色々と値段を調べましたが、基本的にワンプライス販売のようで販売価格に差はありませんでした。

そんな「ハグドライブ」シリーズですが、Amazonでは10%ほど値引き販売されていることがあります。

Amazonの価格をチェックしてみて、値引きがあるようならAmazonで購入するのが正解でしょう。

購入直後は高い買い物をしたことで不安もありましたが、使い始めると買って正解だったと思える製品です。

「ハグドライブ」の使用感と適応過程

「ハグドライブ シートクッション」を使用した感想です。 結論を先に言えば、狙い通りお尻と腰の圧迫感を低減させることができました。

「ハグドライブ シートクッション」は「ハグドライブ」シリーズでは一番安価な座面のみをカバーする製品であり、お尻の痛みやシートクッションの潰れが気になる方へ衝撃や振動低減を狙った製品です。

簡単に載せ替えできるので、例えばミニバンのサードシートで使うこともできます。

使用した車種はエブリイワゴン

エブリイワゴンに装着した画像(ランバークッションも追加した)

使用した車種はスズキのエブリイワゴン(DA64型)で、荷物の積載容量を確保するためにエンジンをシートの下に設置しているタイプの車です。

商用ベースの車であること、エンジンの上という自由のきかないレイアウトの為かシートの調整は前後スライドとリクライニングのみという最低限の調整機構しかありません。

商用車をベースとした車なので、基本的には1日乗っていても問題のない形状のシートを採用しています。 しかし軽自動車なので素材が良いとは言えないシートです。

15年近く経過していること、走行距離は80,000kmを超えた車両なので純正シートのウレタンは粉が落ちてくるくらい劣化しています。 短時間であれば気になりませんが、長時間の運転だとウレタンがつぶれてしまうのでお尻と腰に圧迫感を感じるようになります。

「ハグドライブ シートクッション」を使う事で座り心地の改善ができれば大成功です。

すぐに効果が出る製品ではない

購入直後に感じたのは違和感からでした。
違和感と言ってしまうとマイナスイメージなのですが、慣れのあるシートでは必ず感じるはずです。

お尻の当たりは狙い通りにやわらかく良い感触です。
ですがエクスジェルはそれなりの厚みをもった製品なので着座位置が高くなりました。

そのため視界がいつもより高くなり、背もたれやヘッドレストの位置関係が変わる為に違和感がでるようです。

ただ背もたれとヘッドレストについてはサポート可能な範囲は十分なので、調整位置を見直せば問題はありません。

座面の高さについてはエブリイワゴンは調整機構がありませんので、体系によっては厳しいと感じる可能性があります。
身長170cm座高高めの私には許容範囲ですが、高身長であれば頭上空間が狭くなるので車によっては快適性に影響がでるかもしれません。

期待していた疲労感の低減と腰への負担が減らせるかについてですが、シート交換のように使い始めてすぐに実感できるという感じではありません。

「効いているのかな?」「失敗したかな?」と思ったくらいですが、しばらく使用していると通勤がずいぶん楽になっている事に気付きました。

製品も自分自身も、馴染むまでは多少の時間は必要なようです。

「ハグドライブ」を装着してからは長距離移動が楽になったので、今では休日でも積極的にエブリイワゴンを使用しています。

シートヒーターは使えなくなる

次は「ハグドライブ シートクッション」の欠点を紹介します。

一つ目は純正シートに採用されているシートヒーターの効果がなくなります。 エクスジェルは厚みがありますので、シートヒーターをつかっても暖かさを感じることはできません。 間接的に若干のぬくもりを感じる事はできますが、それを実感するにはかなりの時間が必要です。

二つ目はエクスジェルが液体のように温度を吸収することです。 つまり寒いときはエクスジェルが冷えて、熱いときはエクスジェルが暖かいのです。

そのため冬場はお尻に若干の冷え感を感じますし、夏場はお尻が暖かい(暑い)と感じるでしょう。

快適性に影響が出ますので、座り心地の改善とどちらを優先するかを考える必要があります。
私は総合的に「ハグドライブ」の座り心地を優先しました。

ランバークッションの同時使用もおすすめ

「ハグドライブ シートクッション」を使用し始めてから「ハグドライブ ランバークッション」を譲ってもらいました。

シートに合わなかったとのことで、旧モデルを知り合いに譲ってもらいました。

ランバークッションにもエクスジェルが採用されているのですが、購入検討時は必要性を感じませんでした。 ところが実際に使用してみると印象が大きく変わります。

ランバークッションは腰の位置がズレないようにしてくれるので、座面に設置しているシートクッションの着座位置がピタッと決まります。

シートクッションのみで使用していたとき、良い位置に落ち着くまでは座る場所を変えていたのですが、ランバークッションを使い始めてからは座る場所を変える必要はなくなりました。

ランバークッションも使い続けることで自分の腰に合った形状になるようで、当初は腰に若干の圧迫感を感じましたが今ではシートのスキマを埋めてくれるようなフィット感に変わりました。

加速時はシートの背もたれとランバークッションで体全体を支えてくれるような感触は快適です。

ランバークッションを含めると価格は高くなりますが、お尻とシートクッションの位置をビシッと決めてくれる効果があるのでセットで使うと効果が上がります。

created by Rinker
エクスジェル(EXGEL)
¥10,000 (2024/05/28 12:16:51時点 Amazon調べ-詳細)

購入方法と価格

「ハグドライブ シートクッション」「ハグドライブ ランバークッション」は一般的に定価で販売されています。 これはオートバックスやネットショップでも同様の傾向です。

ただAmazonだけは10%近く値引きして販売されていることがあります。 購入を検討している方はAmazonの価格をチェックしてみて、値引きされているようなら購入して良いと思います。

私も最終的にAmazonで購入しており、10%を超える値引きはありませんでした。 送られてきた商品はカー用品店で販売されているものと同じです。

「ハグドライブ」シリーズは価格に見合った性能を持ったシートクッションです。 気軽に購入できる製品ではありませんが、シートそのものを交換するより安価に座り心地を改善することができます。

いつものドライブを「ハグドライブ」でもっと楽しく快適にしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA